© 2016 by Nara Foresters Association. Proudly created with Wix.com

​どんな会

私たちは奈良県を活動可能地域として林野庁に登録している森林総合監理士の集まりです。

個々では取り組み辛い活動を団体で推進します。奈良県の森林の持続的管理に取り組むことが最大の目的です。生まれたばかりですが、森づくりについて幅広くご活用下されば幸いです。

​何をするの

当面は会員相互の連携の強化と知見の向上を第一に進めます。対外的には、林業関係人材育成研修への講師派遣や、奈良県のプランナーを始めとする人材、林業家、林業事業体等との交流を深め、奈良県の森づくりを共に考えます。また、要請があれば行政機関の活動にも協力します。

運営は誰

当会は中立、公平、公正をモットーとする森林総合監理士の連携を図るための会で、その性質を維持するため、会員が自主的に運営し、経費は会費のみで維持、運営しています。

現在のところ任意団体で法人格は備えておりません。

​森林総合監理士とは?

​「森林・林業に関する専門的かつ高度な知識及び技術並びに現場経験を有し、長期的、広域的な視点に立って地域の森林づくりの全体像を示すとともに市町村、地域の林業関係者などへの技術的支援を的確に実施する者」として位置づけられた資格です。

最近のできごと

​奈良県森林総合監理士会のニュースはBLOG , Livedoor Blog , Facebook , Google+で随時発信しています。

学習会などの情報

2019/08/18 SUN

第10回 明日の奈良の森を考える学習会​

講演はアトリエフルカワの古川泰司先生です。​先着40名ですお早めに

2019/09/21SAT

第11回 明日の奈良の森を考える学習会​

田中淳夫さんの待望の新刊。特別講演です

​先着70名ですお早めに!

2019/12/15 SUN

第12回 明日の奈良の森を考える学習会​

VILD(株)COOの伊藤達哉さんに、取り組まれた事例や林業のこれからを伺います。

過去の学習会

​終了しました。

November 16, 2019

 本日は今年の森林塾最終回。作業道について岡橋清隆さんにご講義いただきました。午前中は岡橋さんだ第一人者である「壊れない作業道」づくりについて座学で作業道の基本を教えていただきました。午後は洞川のみらい基金の森で開設中の作業道を歩きながら、現地で作業道の造り方の基本を教えていただいた後、重機に乗って操作の基本を全員教えていただきました。

 森林塾の最終日は、岡橋さんのきめ細かな講義で大変充実した1日になりました。これで、今年の森林塾は全9日の日程を終了しました。参加者の皆さんは熱心に取り組んでくださり、和やかな雰囲気で、事故なく講習会...

November 11, 2019

 2019年は5月に一度林業就業支援講習を実施されましたが、今日は二度目の講習会。それだけ林業就業に興味のある方がいてくださることは本当に嬉しいことだ。
 今回の受講生は9名で、新卒採用というような年齢の方々は少なかったが、みなさん本当に熱心に林業を考えておられるので、話す方も熱が入ってしまう。皆さんつまらない私の話に食い入るように聴いてくださるので、限られた時間の中で必死で話してしまった。終われば喉がガラガラ、鼻腔もカラカラ。よう喋ったなぁと言う感じ。

 9名の皆様が、これからどんな形で林業に就いていただけるかは判らないが、できれば...

November 6, 2019

清々しい晴天の野迫川村桧股国有林で開催された「林業の成長産業化に向けた現地検討会」に参加させたいただいた。近畿中国森林管理局長から奈良県森林総合監理士会に参加の呼びかけを文書で頂いたことは大変有意義でありがたい流れだと感謝している。

 現地検討会は10月10日に行われた国有林見学会と同じ桧股国有林のモザイク複層林の現場であるが、今回は奈良、和歌山、三重の事務所、管理署の共同の開催で民間事業体の参加も多く、総勢100名弱の参加者だ。伐採、植栽、獣害対策、ドローン活用など話題は多岐にわたった。この国有林の事業そのものについては色々な意見も...

October 23, 2019

第12回明日の奈良の森を考える学習会を12月15日(日)に開催いたします。今回のゲストはVUILD株式会社のCOO/林業プロデューサーの井上達哉さんです。前職での奮闘や、今取り組まれているプロジェクトのお話など、元気と活力を失いつつある林業と地域社会を元気な方向へと「幸せな林業のカタチ」をテーマにお話をいただきます。是非みなさんご参加ください。

参加申し込みはWEBSITEからお願いいたします。
https://naraforester.wixsite.com/asunomori-12


 

October 20, 2019

 天川村森林塾第三週目を迎えた。今回は林業で最も必要とされる技術であるチェンソーの特別教育を実施。1日目はたっぷり一日座学でチェンソーの危険性や操作の重要事項、伐倒、伐木造材の基礎を学び、二日目は実際にチェンソーを操作する実技演習。分解やメンテナンスを学び、午後から丸太の造材や、伐倒のための受け口追い口づくりの実習をした。やはり実技には熱が入る。労働安全衛生規則の改変で次週も座学2時間半の受講が必要となるが、その後1日半は実際に立木を伐倒する森林塾林業基礎コースのメインイベントが待っている。

October 10, 2019

 野迫川村桧又国有林で北山・十津川森林計画区在住者や当該森林計画区内の国有林野事業に関心のある者を対象に実施され、奈良県森林総合監理士会も招待されたので参加させていただいた。

 午前中は桧又国有林の共同施業団地でモザイク複層林施業と出材した資源の中間土場の現地見学を行い、午後は当該森林計画区の国有林事業の説明や方針の説明に加え、自由な意見や要望を話し合った。

 この企画は当会の会員である奈良森林管理事務所坪木所長が初めて立上げた会合とのこと、素晴らしい企画だと思う。国有林の一般会計化以降の「民国連携」の動きを国有林の少ない奈良県ではなか...

October 6, 2019

 今週末の天川村森林塾は、小型車両系建設機械運転業務特別教育です。3t以下の重機を操ることは壊れにくい作業道の開設には必要不可欠な技術です。

 土曜日には一日座学を学び、二日目の今日は実際に機会を操る実習です。ほとんどの参加者は重機の操作は初めてでしたが楽しく実習を行えました。

September 29, 2019

 9月28日2019天川村森林塾がスタートしました。今年も昨年同様全九日間の取り組みを行います。今年も村外からの志願者も多く全16名で学びを進めてまいります。

 初日は開校式に続く座学で、天川村の森林政策や森林について学びました。二日目は刈り払い機の特別教育。座学と実技で刈り払いの安全な取り扱いについて学びました。刈り払い機は日常生活で使ったことのある人も多いですが、改めて一から学ぶことで安全作業についての多くの気づきを得ることができました。

September 24, 2019

緑の雇用FW2の集合研修のお手伝い。講義内容は。「コミュニケーション力と現場作業の改善力」・・・難しいテーマです。土曜日からの連休はこの準備で缶詰。今日も不安がいっぱいでしたが、いい雰囲気で研修を実施することができました。研修生たちの取り組み姿勢も良い感じで盛り上がり、無事一日を終えホッとしています。FW2のみんな。コミュ力を養って現場で頑張ってくれ!来年のFW3での再会を楽しみにしているよ!

September 22, 2019

 第11回の明日の奈良の森を考える学習会は「絶望の林業」を執筆された奈良県在住の森林ジャーナリスト「田中淳夫」さんをお招きして実施しました。

 書籍の表題をテーマに学習会を企画し、明日の奈良の森を考える学習会史上最高の参加人数で学習会は幕をあけました。

 盗伐や大面積皆伐など、警察すら目を瞑ってでも丸太が生産され続ける日本の森林資源。「これが合法と言えるのか?クリーンウッド法は機能しているのか!?」という鋭い切り口しでスタート、次にどんな歪んだ現実を抉り、切り裂くのか?!と聴衆は期待していたようですが、以外にも講演の半分以上は「希望の林...

Please reload

2016年度設立総会資料 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now